きょうも一日おつかれさまです。

おもったこと、あれこれ。

「こだわらない、とらわれない」って、禅宗の言葉にあるとお坊さんがテレビで言ってた。きっと、私も本か何かで聞き知ったんだな。これからもずっとアタシのキーワード。

交友関係の狭いアタシに知り合いがポツポツと増えている。いろんな影響を与えてくれる。皆さんそれぞれに毎日をがんばっているから、アタシもやんなきゃ!って思う。感謝です。

逆に疎遠になる人もいる。時の流れは、人を変えていく。今はただ、あるがままに。

占術の先生は、ことある毎に「この日常生活が何より大事」と仰います。私も強くそう思うようになりました。

人として肉体を持ってこの世に生まれたからには、この身体を存分に使って生活をしたいと思います。今それが出来ることが有難いと思います。

精神世界があることを、私は疑いません。あるものだという前提で暮らしています。ただ、万人に見えないというところに、つい、妄想が過ぎて、現実生活からの逃避に利用してしまう人の危うさも、感じます。

見えない世界を信じているから、大事に思うから、尚のこと、この日常生活をしっかりと生きようと思うこの頃です。

今日の雨の中、公園の雑木林の緑色に、心安まりました。

春からしばらく、ほどほどに忙しい日々でした。自分では無理をしたつもりは全くなかったのですが、先月末から、体調に現れ始め、あらためて

ああ、前とは違うんだわ~、ちゃんとカラダを休めないとな、と思った次第です。(去年の春先も似たようなことやってるクセに、わかってないよな~、カラダの感覚に、いいかげん敏感になれ!私)

ここに来て体調復活、元に戻ってきた気がします。

体調整えて、体力付けて、楽しいこともたくさんしたい♪(* ̄ー ̄*)

皆さまも、どうぞ良い週末をheart

|

20120621182421 先週もそれなりにがんばった。おつかれさま。

あしたもがんばろ。たのしく行こう~(* ̄ー ̄*)shine

|

秩父札所 30番

Dsc_0143 行きは、この駅で降りました。

ゆるい上り坂を15分ほど歩き、法雲寺につきました。( ̄▽ ̄)sweat01ゼエゼエnote

Dsc_0138

と、思いましたら、その先にまだ階段がありました。(* ̄ー ̄*)sweat02

Dsc_0139

Dsc_0140 飾られていた松の 枯れ枝。龍の頭に似ているということで「飛龍の松」と言われているそうです。

Dsc_0141

暑さの苦手な自分にとっては、曇りという天気、有難かったです。風もひんやりと涼しいものでした。納経所を覗いてみると、お寺の人が奥の部屋の窓から外をじっと眺めておられました。お声をかけて、その方から御朱印を頂きました。自分と同世代の方かな。

帰りは西武秩父駅まで歩きました。2時間半でした。

Dsc_0144 きょうも、ありがとうございましたm(_ _)m

|

働かせていただく

一人でできること、たかがしれてる。つい、自分でやってしまったほうが早いと思う、地の部分がニョキッと顔を出して後悔する。それを反省する。

|

昨日の朝、バスの中で私の後ろに座った男性の話し声が、とても心地よく。バスを降りた後も、しばらく耳に残っていました。

声の質は頂き物だから変えようもないけど、せめて、話し方なりを自分で工夫するのは、やっぱりたいせつだなあと思ったわけでした。

|

夕立、だったんだね

帰る間際まで気がつかなかった。作業室は窓もないし、器械が動いていると、雨も雷の音も聞こえない。

蒸し暑いかと思って外へ出たら、夕立のおかげか、とても涼しい風が立っていた。

てくてくと小1時間ほど歩き、いつもの公園、雑木林の中へ入る。一層ひんやりしている。木と葉っぱの良い香りが湿った空気の中に漂ってました。私のまわり、全て、緑色。気が向けば近くのお店でお茶も飲めるし、ベンチに座って、ボーッと水音を聞いていたりも出来る。

もしかしたら、この道を日々歩けるように、おてんとさんがアタシの働き口を示してくださったのかも、と妄想したくなるほど気に入ってます。

今日の、この、雨上がりの雰囲気もすごくいい。

働く場所と帰る家との間に、こんな空間があるなんて嬉しいです。

ん~heart言葉に出来ない満足感・・・(* ̄ー ̄*)

|

あしたは月曜日。

この一週間も、まわりの人を見習って、ひとつずつ、がんばろ。

|

衣替え

あっという間に完了。あれ?その都度数年着ない服を片付けてきたけど、いつのまにかこんなに減ってたんだって思った。

ベランダのバラさん、咲いてました。(手前から、カクテル、レディヒリンドン、オードトワレ、ジュリア)Dsc_0110 Dsc_0112 Dsc_0113 Dsc_0114

|

ZZZ

今週。小さな憤りの積み重なり。普段、腹に溜まったものをその日のうちに吐き出せれば(昇華、かな)いいんだけど週末になって一気に腹立たしさでもうむしゃくしゃしたりする。家人が泥酔して帰ってきて部屋中、二日酔いの臭いが充満しているのも、自分のネガティブな感情をあおっている気がする。

本当は、何があってもそもそも腹には溜まらないような人になりたい。遠い目標ですが。

一つ一つ自分の感情と向き合ってみる。今回は”どうしても納得がいかない”という理由によって起こった感情。お互いの立場を理解する。考え方の違いを受け入れる。

言葉で書くと簡単だけど、仕事という場面の私にとっては中々難しいです。

”理解”はたぶん出来ない・・・かな。”受容”はせざるを得ない状況。理解できていなくて受容するから、鬱憤となってしまうんですね~。

仕事って、そういうものだと聞こえてきそうですね。ただ、今のアタシはそういう言葉、聞きたくはないのでした。

ちゃんちゃん( ̄▽ ̄)

|

かたよらない こだわらない とらわれない

あんまり、かんがえない。。。あ、それはいつものことでした( ̄ー ̄)

|

納め札

坂東と西国と秩父、それぞれの札所をめぐる際に納めるお札。三ヶ所で使用できるものを再び購入できた♪と思ってよく見てみると、それは秩父札所専用の束(たば)でした。「・・・あと少しで、秩父は、巡り終えるんだけど・・」と、家人から冷ややかな視線が。。。( ̄▽ ̄)エヘsweat02

この先もゆっくりと、三ヶ所の札所を巡りたいです。33+33+34で100、百観音巡り。そしていつか、四国のお遍路へ。。。(* ̄ー ̄*)shine

夢の実現の為には、今がたいせつ。だよね~

|

秩父 札所めぐり

Dsc_0117 今回は26番(円融寺)から29番(長泉院)までを巡る。家を出るときは、あいにくの雨。西武秩父駅に着いた頃に雨が上がり、喜んだ。

先日同様、ウグイスの鳴き声に聞き惚れる。

26番札所の奥の院である、岩井堂というところへは緑深い階段をひたすら上がる。

Dsc_0121 一歩ずつ、一歩ずつ。アタシにもそれならできる。

Dsc_0123 お地蔵さんの緑の帽子、その歳月に思いを馳せる。

Dsc_0126岩井堂から27番札所、大渕寺へ向かう。円融寺で出会った、秩父札所を何度も廻ったという人に、「あなたの履いている靴なら大丈夫」と背中を押され、山道を尾根伝いに歩いた。雨で道が濡れていたので、足運びは慎重に!と言い聞かせながら。時々、雷がゴロゴロと鳴り、ハラハラしつつも、ふもとの27番札所が見えた時はホッとした。

お灯明や線香をお供えし、読経をしているうちに、雨が降り始めた。

28番札所、橋立堂へ向かう間も、雨と共に雷の音が聞こえる。山あいを流れる川も水かさが増しているようで、白く濁っている。Dsc_0131 しかし、何より、新緑がとても綺麗。

20120504124936660 橋立堂に到着。雨が止まないので、とりあえず目の前の蕎麦屋で昼ご飯。食べているとき、いよいよ本降りになる。まあ、急ぐ理由もないので、ゆっくり過ごすことに。けんちんうどんは野菜たっぷり。サービスでタケノコの煮たのを付けてくれた。それも美味しかった。いつのまにか雨も止んだ。よかった。

Dsc_0132

切り立った岩壁の迫力、すごいです。28番橋立堂。

Dsc_0135 29番札所へ向かう途中、再び降り出した雨で煙るダム。

Dsc_0137  雷があいかわらずゴロゴロなっているのに、ふもとはすでに晴れてるデス。

29番札所まで巡り終えたところで、先日、気になっていたお店へ入りました。”黒うさぎ”というパン屋さん。お茶も出来ました。ホッと人心地♪20120504153728805 帰りに、明日のあさごパン購入。いちじくや胡桃のたっぷり入ったパンを選びました。食べるのが楽しみです。

Dsc_0140 もう、すっかり天気回復。暑いくらい(汗)。

Dsc_0139 この前TVで秩父と武甲山の歴史を紹介していた。あらためて眺める。

平地を歩きながら山の方に目をやると、まだ雲がかかっている。こんなに山とふもとのお天気は違うんだわ、と実感できた一日。時折、雨も降りましたが、そのおかげでほとんど暑さも感じず、前回の様にバテバテにはならずにすみました。アタシって、暑いのがほんとに苦手なんだ、と再認識。

本日27000余りの歩数。ありがとうございましたm(_ _)m

|

メガネ

前回購入した、メガネ、フレームの太さがアタマの鉢の大きな私にはどうも合わない。かけているとフレームの当っている右の耳がずきずき痛くなる。私のお鼻は低いので、これ以上緩められないし。ちょっと覗いてみようと、先日、散歩の途中に眼鏡屋さんに立ち寄ると、ちょうどよいのが見つかったので、即購入。

ほらほら、また、予想外の買い物しちゃったよん♪がんばって働いてくださ~い、ワタシsweat01( ̄▽ ̄)

|

派遣の仕事帰りに

占術仲間のイベントに立ち寄りました。イベントということでとても気軽な料金設定。有難く甘えさせてもらって、リーディングやタロットでいろいろ占ってもらいました。お店を出ると、自分と同じようにイベントに来られたMさんと久しぶりに会い、短い時間でしたが立ち話などして別れました。普段とは全く違った世界で気分転換出来て楽しかったです。あ~おもしろかった!です。それぞれに日々を重ねて占術を磨いている姿に、とてもいい刺激を頂き、今を大切に過ごすという気持ちを新たにしました。皆さま本当にありがとうございました(*^_^*)heart

|

Dsc_0111 秩父 札所巡り。

20120429132017838 23番札所、音楽寺ヨコの茶店で頂いた、もりそば

駅で西武秩父行きの特急券を買おうとしたらすでに満席。そっかあ、ゴールデンウィークだった。

Dsc_011524番、法泉寺境内。

今回の23番札所、音楽寺から、25番の広昌寺。巡った数は三ヶ所なのですが、ゆるい上りあり急な坂ありで、運動不足の私は息が上がり放し。数歩進んではゼエゼエ、フラフラしてました。お天気も良く、暑かったのも、いつも以上にバテやすかった理由かもです。まめに水分はとりました。それでも、秩父を見下ろす高台へ来ると、とにかく風が気持ち良いので疲れを忘れます。時々、遠くで汽笛が聞こえ、家人は「え?、聞こえないよ。うぐいすの声は聞こえるけど」と言っていました。ま、いいや。

2月に来たときは山からの吹き下ろしで凍えそうだったのに、あっという間に初夏という感じ。たんぽぽはもちろん、菜の花、チューリップ、つつじ、ハナミズキ、矢車草、芝桜、藤、山吹などなど。本当にいろんな花が咲いていて、平地では、それまで汗だくでバテていたこともすっかり忘れて、花の咲く季節っていいよね~♪と、お調子よく歩いていました。

Dsc_0114 道路脇にもたくさんの菜の花が咲いていました。黄色がいっぱい。

Dsc_0119_3  この階段の両脇にうす紫色の花がたくさん咲いていました。名前がわからないけど、優しい色です。Dsc_0118

Dsc_0124 25番、広昌寺(別名、御手判寺)が見えてきました。観音堂は修復工事間近。

広昌寺では、閻魔さまの通行手形と言われている、御手判(おてはん)なる刷り物を頂くことを楽しみにしていましたので、読経が済んだ後に納経所で頂きました。想像していたよりも大きめでした。A4のクリアファイルを持ってくればよかった、などと思いました。このあとは西武秩父駅へ歩いて戻るのみ、リュックに入れても、うっかり折ってしまいそうだからと、後生大事に手に持って、帰りました。

Dsc_0120 武甲山

今日の歩数は3万歩と少し。おかげさまで、無事に行って帰って来ることが出来ました。

ありがとうございました。

|

バタバタ

派遣仕事は毎日あわただしく。思い返すと今週は帰りも歩かずにバスに乗って待ち合わせ場所へ出向くという、珍しい週でした。楽しいことも、ちょっと、嫌かなと思うことも有りの、まあ、”まだまだの私”らしい感じ。

今朝は遅く起きて夕方から散歩。帰りに「天下一品」というお店のラーメン、頂きました。食券機で、「あっさりスープ、煮卵ラーメン」を選択。たっぷり乗ったネギを麺に絡めてズルズルっと!おいしかったです♪(* ̄ー ̄*)

|

夢メモ

黄色い大きな夏みかん、ごろごろとたくさん家にあるのを、私はひとつずつ、丁寧に白い大きな袋に入れていく(捨てるつもりで)。その黄色い大きな夏みかんは、もう長いこと、家にあったものという設定。

|

夢メモ

久しぶりに、目が覚めてもその感覚が残っている夢だったので、自分用メモします。

私は観光地を巡っていたみたいです。その最後に石畳の続く土産物屋なのか宿のような古い建物のある入り口に入ります。入り口すぐ右手の木の壁、腰の位置くらいから石畳へ水が流れ落ちています。そこでなぜか私は、今まで履いていた靴の磨り減った外側の靴底を5ミリくらい剥がし、食べ始めるんです。本当は、そのきれいな水で靴底を洗ってから食べたいと思っていたのですが、その時にそれまで流れていた水が、なくなっていたので、洗わずに口の中に入れました。食べながら私は思っていました。今、口の中に入れている靴底で私は色々な所を歩いたんだ、トイレにも入っちゃったんだって。だから、食べてても良い気持ちはしていません。一つを食べ終わった後、水が流れ出したことに気がつきました。でも、流れ落ちるのではなくて、石畳からジワッと湧き出て少量ずつ流れているようなものです。それでも、洗いたいと思った私は、もう一枚の剥ぎ取った靴底の裏を、その水が湧き出ている石畳に何度もこすりつけました。すると、靴底はより柔らかく、透明なものになりました。葛餅か求肥(ぎゅうひ)の様な。それは簡単に折り重ねることができました。それを、口の中に入れました。ほんのり甘く、今度は美味しい、と思いました。ふと、わき水の方に目をやると、いつのまにか、水流が元通り、いやそれ以上に勢いよく流れていて、見ていて気持ち良いほどでした。

|

さくら、きれいですねえheart

Dsc_0034うっとりして、空ばかり見て歩き。

去年年末、そうやって上ばかり見て歩いていて、すっころんでアバラを少し痛めたことを思い出しては、足元を見、そしてまた、見上げてうっとり・・・(* ̄ー ̄*)diamond

満開の下、花びらの舞う中に立っていると、この世じゃない、別世界にいるような気分になってきます。

Dsc_0030桜の花を見ると、どうしてこんなに気分が高揚するのかしらん。高揚するだけじゃないな、うん。いろんな気持ちになる。

Dsc_0058 ほんと、年に一度のトキメク出会い、です。ありがとうheart

|

3月19日(・・・ボケッとしてる間に4月になってしまったです( ̄▽ ̄)sweat01

3泊4日の春分プラン4日目。

弟の見送りを受けて地下鉄に乗り、12才まで過ごした場所へ出かけました。

阪急電鉄の宝塚線。産土神(うぶすながみ)である神社へ参詣しました。

F1000251 原田神社。(主祭神はスサノオノミコトです)

そのあと、当時お世話になった大家さんのところへ伺い、楽しい時間を過ごした後、帰途に着きました。

宝塚線のこの駅だけはなぜか高架にならないのだと大家さんが教えてくれました。

F1000252 小さい頃に見慣れていたホームにある大きな木、これはクスノキかと思いますが、注連縄が張られていたことを初めて知りました。

自分が住んでいた辺りの景色はもうすっかり変わってしまっているので、このホームとこの木は懐かしさを感じられる数少ない存在です。

帰りの新幹線までに時間があったので、枚岡(ひらおか)神社へ出かけてきました。

F1000254 主祭神はアメノコヤネノミコト、その后神、タケミカヅチノカミ、フツヌシノカミです。

のんびりと境内を歩きました。たくさんの梅の花がとても愛らしかったです。

F1000261

新大阪駅へ着いてすぐに、二日前に帽子を置き忘れた居酒屋さんへ直行し、今度はしっかり被(かぶ)ってお店を出ました。お店の人は、私達の後を追いかけてくださったらしいのですが、混雑していたので見失ってしまって・・・と。本当にお手数かけてしまいました。有難うございました。m(_ _)m!

・・・大家さんとお食事しているときに、どんなお山でも、絶対に一人で出かけてはダメと念を押されました。関西のカルチャーセンターで六甲の山歩きをガイドされていた方が、下見のために一人で六甲のお山に入られて事故に遭い、亡くなられた話を聞かせてくださったのです。

どんなにベテランの方でもそういうことがある。

今後出かけてみたい神社仏閣の中には、去年出かけた伊勢原の大山(おおやま)ほどの高さに建っているものもある。実際一人で出かけている方も多いのだから、私一人でも平気だろうと思い始めていた矢先に、ピシッとそういうお話を頂きました。

甘く見てはいけないのだ。特に私のような知力体力ギリギリの人間は、調子に乗ってはいけないなと、肝に銘じた次第です。

次は、夏至の日前後に出かけるプランを!と思っていましたが、まとまったお休みはちょっとむずかしいかな。^^

いつでも楽しく行動できるように、今アタシが出来る運動は・・・歩くことです(* ̄ー ̄*)

|

«