« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

Dsc_0111 秩父 札所巡り。

20120429132017838 23番札所、音楽寺ヨコの茶店で頂いた、もりそば

駅で西武秩父行きの特急券を買おうとしたらすでに満席。そっかあ、ゴールデンウィークだった。

Dsc_011524番、法泉寺境内。

今回の23番札所、音楽寺から、25番の広昌寺。巡った数は三ヶ所なのですが、ゆるい上りあり急な坂ありで、運動不足の私は息が上がり放し。数歩進んではゼエゼエ、フラフラしてました。お天気も良く、暑かったのも、いつも以上にバテやすかった理由かもです。まめに水分はとりました。それでも、秩父を見下ろす高台へ来ると、とにかく風が気持ち良いので疲れを忘れます。時々、遠くで汽笛が聞こえ、家人は「え?、聞こえないよ。うぐいすの声は聞こえるけど」と言っていました。ま、いいや。

2月に来たときは山からの吹き下ろしで凍えそうだったのに、あっという間に初夏という感じ。たんぽぽはもちろん、菜の花、チューリップ、つつじ、ハナミズキ、矢車草、芝桜、藤、山吹などなど。本当にいろんな花が咲いていて、平地では、それまで汗だくでバテていたこともすっかり忘れて、花の咲く季節っていいよね~♪と、お調子よく歩いていました。

Dsc_0114 道路脇にもたくさんの菜の花が咲いていました。黄色がいっぱい。

Dsc_0119_3  この階段の両脇にうす紫色の花がたくさん咲いていました。名前がわからないけど、優しい色です。Dsc_0118

Dsc_0124 25番、広昌寺(別名、御手判寺)が見えてきました。観音堂は修復工事間近。

広昌寺では、閻魔さまの通行手形と言われている、御手判(おてはん)なる刷り物を頂くことを楽しみにしていましたので、読経が済んだ後に納経所で頂きました。想像していたよりも大きめでした。A4のクリアファイルを持ってくればよかった、などと思いました。このあとは西武秩父駅へ歩いて戻るのみ、リュックに入れても、うっかり折ってしまいそうだからと、後生大事に手に持って、帰りました。

Dsc_0120 武甲山

今日の歩数は3万歩と少し。おかげさまで、無事に行って帰って来ることが出来ました。

ありがとうございました。

|

バタバタ

派遣仕事は毎日あわただしく。思い返すと今週は帰りも歩かずにバスに乗って待ち合わせ場所へ出向くという、珍しい週でした。楽しいことも、ちょっと、嫌かなと思うことも有りの、まあ、”まだまだの私”らしい感じ。

今朝は遅く起きて夕方から散歩。帰りに「天下一品」というお店のラーメン、頂きました。食券機で、「あっさりスープ、煮卵ラーメン」を選択。たっぷり乗ったネギを麺に絡めてズルズルっと!おいしかったです♪(* ̄ー ̄*)

|

夢メモ

黄色い大きな夏みかん、ごろごろとたくさん家にあるのを、私はひとつずつ、丁寧に白い大きな袋に入れていく(捨てるつもりで)。その黄色い大きな夏みかんは、もう長いこと、家にあったものという設定。

|

夢メモ

久しぶりに、目が覚めてもその感覚が残っている夢だったので、自分用メモします。

私は観光地を巡っていたみたいです。その最後に石畳の続く土産物屋なのか宿のような古い建物のある入り口に入ります。入り口すぐ右手の木の壁、腰の位置くらいから石畳へ水が流れ落ちています。そこでなぜか私は、今まで履いていた靴の磨り減った外側の靴底を5ミリくらい剥がし、食べ始めるんです。本当は、そのきれいな水で靴底を洗ってから食べたいと思っていたのですが、その時にそれまで流れていた水が、なくなっていたので、洗わずに口の中に入れました。食べながら私は思っていました。今、口の中に入れている靴底で私は色々な所を歩いたんだ、トイレにも入っちゃったんだって。だから、食べてても良い気持ちはしていません。一つを食べ終わった後、水が流れ出したことに気がつきました。でも、流れ落ちるのではなくて、石畳からジワッと湧き出て少量ずつ流れているようなものです。それでも、洗いたいと思った私は、もう一枚の剥ぎ取った靴底の裏を、その水が湧き出ている石畳に何度もこすりつけました。すると、靴底はより柔らかく、透明なものになりました。葛餅か求肥(ぎゅうひ)の様な。それは簡単に折り重ねることができました。それを、口の中に入れました。ほんのり甘く、今度は美味しい、と思いました。ふと、わき水の方に目をやると、いつのまにか、水流が元通り、いやそれ以上に勢いよく流れていて、見ていて気持ち良いほどでした。

|

さくら、きれいですねえheart

Dsc_0034うっとりして、空ばかり見て歩き。

去年年末、そうやって上ばかり見て歩いていて、すっころんでアバラを少し痛めたことを思い出しては、足元を見、そしてまた、見上げてうっとり・・・(* ̄ー ̄*)diamond

満開の下、花びらの舞う中に立っていると、この世じゃない、別世界にいるような気分になってきます。

Dsc_0030桜の花を見ると、どうしてこんなに気分が高揚するのかしらん。高揚するだけじゃないな、うん。いろんな気持ちになる。

Dsc_0058 ほんと、年に一度のトキメク出会い、です。ありがとうheart

|

3月19日(・・・ボケッとしてる間に4月になってしまったです( ̄▽ ̄)sweat01

3泊4日の春分プラン4日目。

弟の見送りを受けて地下鉄に乗り、12才まで過ごした場所へ出かけました。

阪急電鉄の宝塚線。産土神(うぶすながみ)である神社へ参詣しました。

F1000251 原田神社。(主祭神はスサノオノミコトです)

そのあと、当時お世話になった大家さんのところへ伺い、楽しい時間を過ごした後、帰途に着きました。

宝塚線のこの駅だけはなぜか高架にならないのだと大家さんが教えてくれました。

F1000252 小さい頃に見慣れていたホームにある大きな木、これはクスノキかと思いますが、注連縄が張られていたことを初めて知りました。

自分が住んでいた辺りの景色はもうすっかり変わってしまっているので、このホームとこの木は懐かしさを感じられる数少ない存在です。

帰りの新幹線までに時間があったので、枚岡(ひらおか)神社へ出かけてきました。

F1000254 主祭神はアメノコヤネノミコト、その后神、タケミカヅチノカミ、フツヌシノカミです。

のんびりと境内を歩きました。たくさんの梅の花がとても愛らしかったです。

F1000261

新大阪駅へ着いてすぐに、二日前に帽子を置き忘れた居酒屋さんへ直行し、今度はしっかり被(かぶ)ってお店を出ました。お店の人は、私達の後を追いかけてくださったらしいのですが、混雑していたので見失ってしまって・・・と。本当にお手数かけてしまいました。有難うございました。m(_ _)m!

・・・大家さんとお食事しているときに、どんなお山でも、絶対に一人で出かけてはダメと念を押されました。関西のカルチャーセンターで六甲の山歩きをガイドされていた方が、下見のために一人で六甲のお山に入られて事故に遭い、亡くなられた話を聞かせてくださったのです。

どんなにベテランの方でもそういうことがある。

今後出かけてみたい神社仏閣の中には、去年出かけた伊勢原の大山(おおやま)ほどの高さに建っているものもある。実際一人で出かけている方も多いのだから、私一人でも平気だろうと思い始めていた矢先に、ピシッとそういうお話を頂きました。

甘く見てはいけないのだ。特に私のような知力体力ギリギリの人間は、調子に乗ってはいけないなと、肝に銘じた次第です。

次は、夏至の日前後に出かけるプランを!と思っていましたが、まとまったお休みはちょっとむずかしいかな。^^

いつでも楽しく行動できるように、今アタシが出来る運動は・・・歩くことです(* ̄ー ̄*)

|

自分に言い聞かせメモ ~毎度のことでスミマセン~

かたよらない こだわらない とらわれない

あわてない あせらない いまでいい

|

苛立つと

普段は出て来ない、奥にしまったはずの自分のどす黒いものが出てくる。アタシの感情の高まりと共にじわじわと来て、あるところで一気にあふれる。

ああ、どす黒い自分に包まれる。これもアタシです。
清濁(せいだく)、いろいろ持っていますが、生きられる限りはそれらを清らかにしていく方向で参りたいと思います。

夕べのこと、家人に話すと「それくらいのことで?」と言われました。
はい、ドライで頭の良い人に、話した自分の愚かさよ。

桜、いっせいに咲き始めましたね〜きれいです。今日の帰り道も楽しみです!(*⌒▽⌒*)

|

帰り道

親子とすれ違った。自転車用のチャイルドシートに座っていたちっちゃな子が「こんびびnote」と言ってた。指さす方をみたら、ローソンがあった。そうか、コンビニのことか!

かわゆい~(* ̄ー ̄*)heart

|

忙しさ感、満載の

新「上司」さんからの電話にうんざり。電話掛けてきておいて、話の途中でいきなり電話口の向こうにいる誰かに声を掛け、そんでもって「一旦、切ります~」と言ってその後、音沙汰なし。今日が初めてのやりとりなのに。ちょっと残念。異動前の上司が、とても丁寧な対応をされる方だったので、より、粗雑さが際立ったぞ。自分の要件の重要度で、あからさまに電話を切るなよ!と思ったけど、帰り際だったし、その後も電話待ってて、ずっとイライラした。止めようかとも思ったけど、一言メールで書き送った。あちらもそれほどの悪気は無いのだろうけど、事なかれ主義でヘラヘラしていても後で自分が困るから、言うべきことは言っておかなくては、と変な気合いを入れてしまった。

なんとなくクタッとして帰宅したら、郵便受けにヒーリング練習会のお仲間が現地から送ってくれたマチュピチュの絵葉書が届いていた。

お~!!なんと美しい、なんと素晴らしい~shine

俗世にマミレテイル、自分のきったな~いアカがスルッと落ちた気がしたよ( ̄▽ ̄)

俗世はいやだよ、ほんと。肉体もって生まれてきてるから、きちんと生きるけどさ。

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »