好きなもの

テレビ番組見る

鬼平っ、キャーキャー!

吉さま(中村吉右衛門)演ずる長谷川平蔵はやっぱり素敵です〜。

脚本家さんも監督さんももう違う人達だったけど、監修として前監督のお名前がありました。

その渋さに夢中になった昔のアタシを思い出したのでした(*⌒▽⌒*)〓

(今日に感謝)

|

タロット de はじめのいっぽ

占術仲間のなかむらかえるさん企画、占術講座の卒業生3名(なかむらかえるさん、杉本有維子さん、アタシ(やまだ海)で鑑定会を開くことになりました。場所は中野ブロードウェイ4階まんだらけを通り過ぎた奥にある”中野トナカイ”という占いハウスの場所をお借りします。

ご都合が許せば、ぜひお越し下さいm(_ _)m

日にち 9月26日(月)18時~20時

場所  中野ブロードウェイ4階 まんだらけ奥 中野トナカイ

内容  タロット鑑定 1件500円

なかむらかえるさんのブログ http://ameblo.jp/frorogn/

有維子さん手作りちらし 「Y926.doc」をダウンロード

中野トナカイ http://tonakai.her.jp/

※中野トナカイさんで占星術を始めとする占術を教わっています。占術を習うことで自分の生きてきた意味が”あ~!そうだったんだなあ!”とわかる感じです。わかっていくのが楽しくて仕方ないし面白い。私は四十を過ぎて習い始めて良かった。経験を振り返って得心できたことも多々あったので。きっとアタシの場合は経験してから勉強せいっ!ってことだったんだと思います。

こちらの占いハウスは、占術=特定の宗教が絡んでいるとかは全くないのでご安心ください。怖がらせてお金をふんだくるとか、何か売りつけるとかはありませんので。宗教や占いを目に見えないことをいいことに分別無くお金をもらう為の方法として使っている場所や人がいますよね。そこの見極めは細心の注意を払いたいです。私は怖がりで用心深そうでいてうっかり信じやすい質(たち)でしたが、一つずつ占術を勉強することで自分のその弱い面を鍛えることになり、感謝しています。

こちらの場所を2時間お借りしてやらせて頂くこと、大変有り難く思っています。まつい先生、ありがとうございます。諸先輩の皆さまの胸をお借りするつもりで座ります。浮つかないようにと自分に言い聞かせているところです。どうぞよろしくお願いします。・・・緊張シイなので、言ってるそばから胃袋があがってきている(*≧m≦*)

(今日に感謝)

|

あれよあれよという間に

実現する方向に進んでいます。占術仲間のなかむらかえるさん企画、占術講座の卒業生3名(なかむらかえるさん、杉本有維子さん、アタシ)で鑑定会を開くことに相成りました。場所は中野ブロードウェイ4階まんだらけを通り過ぎた奥にある”中野トナカイ”という占いハウスです。ご都合が許せば是非お越し下さいませm(_ _)m

日にち 9月26日(月)18時~20時

場所  中野ブロードウェイ4階 まんだらけ奥 中野トナカイ

内容  タロット鑑定 1件500円

緊張で口から何か(心臓じゃないけど・・よだれでもない)飛び出しそうだけどがむばってみます・・。ううっやっぱり緊張はハンパ無い。ええ、小心者です。企画したかえるさんの行動力、実に迅速でした。アタシはあわあわしながらついてってます。

なかむらかえるさんのブログ http://ameblo.jp/frorogn/

なかむらかえるさんのツイッター https://twitter.com/#!/hal_inuneco

有維子さん手作りちらし 「Y926.doc」をダウンロード

中野トナカイ http://tonakai.her.jp/

こちらでのハンドルネームは、風のそよぐイメージ(そういう施術を心掛けて)で、楓(かえで)にしていますが、占術の方では泳ぎ苦手なくせに深いところに潜ってみたくて違う名前で出ます。海(うみ)です。おぼれんなよってか( ̄▽ ̄)・・・あラ~だめだわん、言った傍から緊張が半端ねえsweat02

(今日に感謝)

|

ワルツ・フォー・デビイ

ビル・エヴァンストリオ 

1961年6月25日ニューヨーク「ビレッジ・バンガード」でのライヴ録音

を、今CDで聴けるシアワセ♪(* ̄ー ̄*)

(今日に感謝)

|

好きなものの話です

” 風そよぐ ならの小川の夕暮れは みそぎぞ 夏の しるしなりける ”

という歌です。小4の頃、先生が毎朝授業の前にクラス全員にかるた取りをさせてた当時、好きな歌は他にあってこの歌には関心を持っていなかったのですが。今はこの歌を詠んだときの連想が何とも言えず爽やかで好きです。”風そよぐ~”は百人一首に収められている 九十八番 従二位家隆(じゅにいいえたか)さん(さん付けすると何か馴れ馴れしくなるけど尊敬を込めて)の歌です。歌の意味・・・風がそよそよと吹いて、楢(なら)の木の葉を動かす小川の夕暮れは、本当に涼しくて秋のようだけど、今こうして、夏越しの祓いという夏の終わりにする祓いをしているのだから、夏である証(あかし)だなあ。

みそぎ(=禊ぎ)というのは、身そそぎの略で罪や穢(けが)れを祓うこと。6月と12月とに行なわれるのが大祓といって最も重んぜられたそうです。この歌でいうのは6月の大祓のことで、俗に夏越しの祓いといったそうです。(精文館 百人一首精解より)

・・・あ~、川上澄生(すみお)さんの”初夏(はつなつ)の風”という詩の入った版画作品も好きです~こちらはちょっとセンチメンタル入ってるけど。夏関連でふと思い出した。

(今日に感謝)

|

写経のお誘い

緑の見える部屋で写経をしてみたいと思います。

写経の経験はまだ3回です。5年前の9月にカルチャーセンター主催の会に参加したのが初めてでした。港区にある臨済宗の龍源寺というお寺で般若心経というお経を写すことをしました。ていねいにと心掛けて写していたら90分かかっていました。私はかなり遅い方でした(^o^)。後の2回はつい先日、そのとき写経したものはどちらも真言宗の高野山に納めました。実家の宗旨は浄土宗ですが婚家は浄土真宗です。ふだんよく行く深大寺は天台宗。詣でる近所の氏神様、八幡様は神道です。信じる気持ちは個別の神社仏閣を超えた先へ通じているつながっていると思うので、自分にとって宗派そのほかのものに特にこだわりはありません。

写経をすると不思議と清々しい気持ちになります。一字一字を写すことに集中するからかもしれません。般若心経の解説文を読むと、宗派を超えて多くの人に親しまれ、その262文字の中に仏教の教えの一切が説かれているとあります。5年前の龍源寺では松原泰道という98歳のお坊さん(101歳で御遷化)から般若心経についてのお話がありました。(その時のメモを一番下に貼付けています、もしよかったらお読み下さい)

いつも思いつきで動くためスタートダッシュがフライング気味の自分、浮き足立つのが常日頃の私ですが、地に足を着けるためにもやってみたい( ̄▽ ̄)。恥ずかしながら、家の中では出来る状況にありません(言い切ってるし)。それで森のテラスさんの一部屋をお借りして、写経をしてみようと考えました。部屋を一人で使うのも良いのですが、もし写経をしてみたいという方がいらしたらご一緒したいと思っています。どうぞお気(* ̄ー ̄*)にご参加下さい。書かれたものはお持ち帰りいただき、大切に保管されるのも有り、菩提寺に納める又は巡礼の際に納めるのも有りだと思います。

学び足りない人間ですが、これを機会にまた何か一つずつでも知ることが出来たらと思います。

日時詳細は後ほどUPします。次回のお茶会と同時開催になると思います。写経の時間帯を広く取っていますので、お好きな時間で写経をされたあとにそのままお茶会に参加することも出来ます。

前回の茶坊主は落ち着きなく新しいことを始めようとしていますが、それら一切を寛容に受けとめてくださっているゆかさんに心から感謝します。

※ 2005年9月16日 松原泰道師の講話から (メモ)

般若心経とは

物に執着することが如何に無意味なことであるか、とらわれてはいけない
とらわれる必要の無さを説(と)いているお経。

「色即是空」(しきそくぜくう)・・・
目に見えるもの、形あるもの、すべて移り変わってゆく。

人は生まれた以上、いつか必ず死を迎える。
それまでの間、時々刻々と変化し続ける。一秒毎に変化している。

「○○さまも、お変わりなく」という挨拶。事実とは矛盾している
でも「○○さまも、変わっていきますね」とは正直なところ、言われたくない・・・。
お変わりなく、といわれればやはり嬉しい。それが心情。

人生は理屈どおりには行かない。矛盾だらけだけど
それも楽しいと思える自分になる。
前向きに生きる。生きがいを持つ。建設的に生きる。

「空即是色」(くうそくぜしき)・・・
すべてのものが変わるものであればこそ物事は存在をしてゆく。

死があればこそ生がある。生まれてきたものが永遠に死なないとしたら
この現世に新しい生が生まれてくる場所がなくなってしまう。
新しい生のためにも死がある。

生まれ変わり死に変わる。「不生不滅」(ふしょうふめつ)。

生きること。
これも自分の力だけで生きているわけじゃなく
お互いの関わりに縁(よ)って生ずるものに生かされている。
それが縁(えん)。

たとえば、扇子。
形として見える扇子だけが実体ではない。この扇子を形作った紙や竹、
糊(のり)や漆(うるし)の関わりによって扇子という「物」が生まれた。

蓮の実。
机の上や倉庫に置かれていたら千年過ぎても芽を出さない。
土・水・お日さまの光・肥料
栽培方法・人の手
この蓮の花を咲かせるには、無数の縁が必要。人もおんなじ。

「持ちつ持たれつ」
「袖擦れ合うも他生の縁」

縁というものを育てなければいけない。大切にしていかなければならない。

「色即是空」や「空即是色」の意味を知ると今、生きていることの有難さを感じ
生きさせてもらっているという「お蔭さま」を感じることが出来る。

そうすれば、感謝の気持ちが生まれてくる。

廊下に落ちているちり紙も、あらゴミ!と思わずに有難いと拾うお坊さんの話があった。
ゴミだと思えばただのゴミ。

でも、そのちり紙で汚れをぬぐうことが出来るかもしれない、と考える。
そのものの働きを考える。無駄にしない。

そうやってすべてのものをすべてのもの足らしめる働きを考えると
自分を自分としてどう活かすかどう働かせるかを考えることに気がつく。

自分の心の働きが密になればなるほど
何でもないところから感動を見つけることが出来る。それは大切なこと。
それを重ねることは生きる喜びにつながってゆく。

人様の悲しみが自分の悲しみとして受け止められるようになる。

自分が苦しみの中にあっても
その中から何か生きる智恵が授かればよいがと思える自分になれる。

Dvc00060

米子から大阪へ向かう電車の中から

|

はんなり茶会 ~十五夜の会○~

昨日から彼岸の入りですね。夏の暑さが苦手な私は、秋の涼やかさを待ちこがれておりますです、今日もあっついsun( ̄▽ ̄)sweat02 昨日のお昼は占星術仲間のFさんとチャンポンを食べ、エクセルシオールで豆乳ミルクティーを飲みながら、ホロスコープ読みの復習させてもらいました。Fさんはその後、中野で開かれた占星術セミナーに。私はまっすぐ家に。出かけている間に弟家族のこれからそっち寄るねという電話を受けた主人は、猛然と部屋を片付けてくれたらしく、帰ったときは運動した後みたいにカラダから湯気が出ていました(大感謝diamond)姪っ子達と坊主めくりやおしゃべりをした主人は小さい子らのパワーに改めて驚いていました。その可愛らしい仕草にも脱帽です。

さてさて、はんなりお茶会 1回目が明日です。

あした、ゆかさんが用意してくださるお話し、それからお菓子とお茶がとっても楽しみです♪忘れなければ写真を撮ります。なにしろ、粗忽者の”茶坊主”なもので・・・。いやいや茶坊主が粗忽では橋渡し役は務まりませんねえ、しっかりしようっと(* ̄ー ̄*) 今年の春先に受けたセミナーの休憩時間に、「私もお話し会をやってみたい気がする、これまで勉強してきたことを聞いてもらえたら・・」という主旨のことをゆかさんがつぶやいて半年とちょっと。実現出来ることの喜びをもって明日を迎えたいと思います。

お茶会参加の申込み締め切りは

9月21日(火)、本日午後10時とさせていただきます。

yuka-t☆mbj.nifty.com (☆を@に変えて送信)

100912_155303

|

はんなり茶会 ~十五夜の会○~ 募集中ですdiamondheart04diamond

三連休も最終日ですね。昨日見た夢は、アフリカか東南アジアの集落にいてカセットラジオを持った私は、その集落の家々に入るんです。私は持参のカセットで音楽を流し、そのお家の人たちが 気持ち良く聴いているというそんな夢でした。

はんなり茶会、お問い合わせ有難うございます。ちょうどこの日にご予定のある方が数名いらっしゃって早めにお知らせできなくてスミマセンでしたsweat01その中には奇遇な出会いもあり驚いていますdiamondこれも何かのご縁ですね。もしかして参加どうしようかなあって思いつつ日にちが過ぎて、もうしめ切られちゃったかなと思っている方がいたら、まだ大丈夫です~♪ご予約お待ちしています。

日時 9月22日(水)13:00~14:30 ティータイム(お茶とお菓子つき) 

○旧暦のお話し
○月のリズムとからだのバランス
○心地よい秋の過ごし方…陰陽五行からみた秋、食べもの・からだ


場所 森のテラス 東京都調布市若葉町1-32-13 TEL03-3307-1987 

    場所詳細はこちらをご覧下さい http://www.moritera.com/tokyo/map/access.htm  

料金 2000円(森のテラス、場所代含む)

定員 4名 (残3名)

申込先 
yuka-t☆mbj.nifty.com (☆を@に変えて送信)

     ※ お名前と当日連絡出来るアドレスを教えてください

九月二十二日は、旧暦八月十五日・中秋の名月です。
暮らしに陰陽五行や旧暦を取り入れて、心地よい暮らしを楽しみましょう。

お話しする人 ゆか マクロビオティック・アドバイザー
             オーラソーマ・プラクティショナー

 茶坊主   かえで

|

はんなり茶会 ~十五夜の会○~ のお知らせ

このところ、ようやく朝夕の風に秋の気配を感じられて少しホッとしています。先日の駅前では法被(はっぴ)姿の人が大勢いて、お祭り前の高揚感が伝わってきました。夏ならご先祖への感謝、秋なら収穫物への感謝・・のお祭りですね。春夏秋冬、季節にちなんだ行事に参加するのも気分が盛り上がってよいものですがお家の中でこじんまりと季節を味わうのも乙(オツ)なもんです。暦(こよみ)には季節をあらわす言葉がたっぷり入っていて、その言葉一つ一つに色んな意味があって奥が深いんです。昨年の暮れあたりから友人のゆかさんと、旧暦の言葉にちなんでその季節の良さを味わう集まりを開きたいですね~と話していました。初めは、二人でお茶会やりましょうか♪という形だったのですが、二人より三人、うんにゃ、三人より四人集まった方が楽しいですね♪ということになりました。マクロビオティック・アドバイザーのゆかさんは、勉強家です。多くの講座にでかけて色々な情報を得ていて、活動範囲も広いのです。いつも控えめなその言動からは想像できない行動派なのであります。前、6月30日の夏越の祓でもそうでしたが、森のテラスさんで月毎に移り変わる季節の色を感じる小さな催しを楽しみたいと思っています。

今回は、ゆかさんから皆さんへ、季節の変化を楽しむ味わうエッセンスがギュッとつまったお話しが楽しめる催しです。美味しいお茶とお菓子を頂きながら♪ 今回アタシ”茶坊主”やります~(* ̄ー ̄*)うふ♪

以下、ゆかさんから皆さんへのお知らせになりますheart04diamond

「はんなり茶会 ~十五夜の会○~」

二〇一〇年九月二十二日 (9月22日(水))

旧暦のお話し
月のリズムとからだのバランス
心地よい秋の過ごし方…陰陽五行からみた秋、食べもの・からだ

ティータイム(お茶とお菓子つき) 

時間 13:00~14:30

場所 森のテラス 東京都調布市若葉町1-32-13 TEL03-3307-1987 

    詳細はこちらをご覧下さい http://www.moritera.com/tokyo/map/access.htm  

料金 2000円(森のテラス、場所代含む)

定員 4名 (定員になり次第しめきります)


申込先 
yuka-t☆mbj.nifty.com (☆を@に変えて送信)

     お名前と当日連絡出来るアドレスを教えてください

こんにちは。
ゆったり、ティータイムが好きなゆかです。
心も体もしなやかに自然と調和して暮らして生きたいと思っています。

九月二十二日は、旧暦八月十五日・中秋の名月です。
暮らしに陰陽五行や旧暦を取り入れて、心地よい暮らしを楽しみましょう。

ゆか
マクロビオティック・アドバイザー
オーラソーマ・プラクティショナー

※ご予約お待ちしています~heart

|

お知らせは来週火曜日に happy01heart04

プチでゆる~いイベントのお知らせは、9月14日(火)にアップします。

今しばらくお待ち下さい♪

~ ☆ ~

今日は、湯がいた栗の皮を幾つかですが包丁でむきました。

ものすごく、時間がかかりました。不器用(* ̄ー ̄*)sweat02

この栗と白米に、偶然ウチに来合わせた胚芽玄米・五分つき玄米・雑穀16種を炊きます。

おかずはこれから作るきんぴらゴボウ。

デザートは梨。

それから最近はまっている、ごま油入りのポテチshine

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 好きなもの | 日常 | 現実世界 | 祈り | 精神世界