祈り

昨年の3.11から一年

震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。今、このように生きていられることに感謝します。あのときのことを思い出すと、震度5強の揺れでさえ、恐怖でした。生きて、肉体が与えられている今だから出来ることを後悔しないように精一杯体験していこう、と、あの後からずっと思っています。日々の営みが出来ることは全て、どこかにいる誰かのおかげ。お世話になっている、つながっている全てのものに感謝を込めて、今を生きます。

|

メモ

ベートーベン 原詩シラー    

口づけの主題)抱き合おう 千万の人々よ この口づけを 全世界に

喜びの歌)喜びよ 神々の麗しき火花 汝の優しき翼の覆うところ すべての者は兄弟となる

・・・・・

”交響曲第9番合唱つき 第4楽章”  1824年

おお 友よ これらの調べではない

そうではなく もっと快い調べに声を合わせよう

もっと喜びに溢れる調べに

喜びよ 神々の麗しき火花

楽園の乙女よ

我ら 燃える胸躍らせて

女神よ 汝の園に 足踏み入れる

時の流れが厳しく分け隔(へだ)つものを

汝の奇しき力は 再び結ぶ

汝の優しき翼の覆うところ

すべての者は兄弟となる

まことの友を得るという 大いなる幸を得た者は

また 優しき妻を得た者は

喜びの声を共にあげよ

いや この世でただ一つの魂でも

我がものと呼び得る者たちは

その幸に預かり得ざりし者たちは

涙しつつこの集いから去るがよい

生きとし生けるなべての者は

自然の乳房から「喜び」を飲む

善き人 悪しき人 皆すべて

「喜び」のバラ色の道に従い進む

「喜び」は 口づけを ぶどうの酒を

死をも厭(いと)わぬ友を 我らに与えた

虫けらに与えられたのは ただの快楽

そして智天使は 神の前に立つ

神の前に

天の星々が 胸 高鳴らせ

華麗な空間を跳ぶがごとく

兄弟よ 汝らの道を進むのだ

勝利に向かう英雄のごとく 喜々として

喜びよ 神々の麗しき火花

楽園の乙女よ

我ら 燃える胸躍らせて

女神よ 汝の園に足踏み入れる

時の流れが 厳しく分け隔つものを

汝の奇しき力は再び結ぶ

汝の優しき翼の覆うところ

すべての者は兄弟となる

星のかなたに 

必ずや 創造主は 住みたもう

(ここで「口づけの主題」、「喜びの歌」それぞれの歌詞とメロディーが重なり合う合唱。みんなの心が一つになる喜び)

星のかなたに 

必ずや 創造主は 住みたもう

~世界が平和になりますように~

(今日に感謝)

 

|

○被災された方々への食料やそのほかの物資が安定して届けられ、住居の確保が捗りますように。

○救援活動に従事されている方々へ感謝の気持ちと共に作業の安全、心身のご無事を祈っています。

○福島原発の処理に関わっている方々のお仕事が安全に進みますように。無事にご家族の元へ帰られますように。

(今日に感謝)

|

言うは易く行うは難し 批判はいつでもどこでもだれでもできるかもです。今は思いを一つにしてたくさんの人が祈りを込めることはとてもたいせつなことだと思います。

○被災された方々への食料やそのほかの物資が安定して届けられ、住居の確保が捗りますように。

○福島原発の処理に関わっている方々のお仕事が安全に進みますように。無事にご家族の元へ帰られますように。

(今日に感謝)

|

いつも読んでいるopen hearts店長さんブログのリンク先のリンク先から

一面識もない”勝手に言ってます”さんの3月22日の「ネットの友人の日記から」というブログを読み、命がけで原発の作業に取り組んでいる方々の思いとご家族の思いを知りました。この記載の真偽はわかりません。各自のご判断に任せます。yosirin.exblog.jp

○被災された方々へ食料やそのほかの物資が安定して届けられ、住居の確保が捗りますように。

○福島原発の処理に関わっている方々のお仕事が安全に進みますように。無事にご家族の元へ帰られますように。

(今日に感謝)

|

震度5の

地震を体験しました。部屋に一人でいたときでした。地震がおさまってからも手と足がふるえていました。テレビをつけてみて、そのとてつもなく大きな現象に言葉も出ませんでした。今は津波に遭われた方々、救援される方々、そして原発に注水や消火の作業をされている方々のことを思い微力ですが祈りを捧げたいです。

|

倍音

先週末、倍音(言葉の意味はウィキペディアなとでチェックしてみてください)の中に身を置くという体験をしました。数名の方が、座っている私の周りに輪を作り声を出すのです(力まずにいたって普通に)。囲まれる感じは”かごめかごめ”や”あぶくたった”で遊んだ子供の頃と同じでした。声を聞き始めて、涙がポタポタと落ちてきました。礼拝堂の中にいるような、光が降り注ぐような、(言葉にすればするほど違ってくる気がする、お伝えすることって本当にむずかしいです( ̄▽ ̄))”フランダースの犬”というアニメのラストシーンのような、やわらかく優しく上から降りてくる温かい感覚でした。「もう、大丈夫ですよ」とすべて許されて受入れられているようでした。輪になってくださった皆様、ほんとうに心が洗われた感がありました。ありがとうございました。

数年前に”ボイスヒーリング、倍音を使って”というカルチャーセンターの講座に申し込んだことがあります。全5回のうち2回しか行きませんでした。私にとっては奇妙奇天烈な声の出し合いをお互いがしているような気がして居たたまれなかったからです。「倍音ってこういうものなんだ、何か変、思っていたのと全然違う、私はもういいや」と思ってそれきりでした。

今回は伺っていたお話、プログラムの一コマの中に”倍音”というものがあり、たまたま私が体験者の一人になって輪の中に入ったのでした。同じ”倍音”という言葉でも実際の感じ方がこんなに違うものなんだと知りましたし、その言葉の名の下に行なう人によっても歴然とした差があることもわかりました。

言葉って・・・使うことに責任ありますね。むずかしいです、私には。話し手(使い手)にもよるし、受け取り手によっても理解のされ方って違うから。というので、エネルギー使うのもったいないと思ったらケチなアタシは最後はいつも黙(だんま)りを決め込んでいる。よくないや~ね( ̄▽ ̄)

|

8月15日

夕べ、戦争体験について語る人のテレビを見た。

見て聞いているだけでこれほど苦しいことなのに

実際に体験された人の心は如何ばかりかと思う。

その人達がいてわたしたちがいる。

同じことが繰り返されないように祈る。

いまの自分に出来ることをする。

| | コメント (0)

平和への祈り

長崎、原爆の日。

| | コメント (0)

8月6日

広島に原子爆弾が落とされた日。

数え切れないくらいあった

各々の日常の暮らしが、いきなり断ちきられた日。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 好きなもの | 日常 | 現実世界 | 祈り | 精神世界